2005年11月07日

10-1-3.公的機関の会議録作成

公的機関(官公庁や地方議会)の会議録では、細かい仕様が定められていますので、
それらの仕様書をよく読み取り、ルールにのっとって書き表します。

官公庁の各種委員会や審議会などは、
おおむね内容を忠実に記録することが主な仕様で
形式や定型文など、それほど細かいルールがあるわけではありません。

しかし、地方議会の場合には
「議長団登壇」
「採決」
「不規則発言の処理」など、細かいルールが定められていますので、
仕様書によく目を通しておきましょう。


posted by 谷頭千澄 at 02:17| Comment(0) | ■第10回 内容に応じた起こし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。