2005年11月06日

10-2-1.表記の確認

議事録や会議録を受注したら、まず使用する表記辞書を確認しましょう。

速記事務所やテープ起こし専門会社経由で受注した場合には、
その会社の指示する表記に従います。
一般的に、速記事務所では、『標準用字用例辞典』を採用している場合が多いようです。


会議を主催する組織から直接受注した場合は、
使用する辞書の指定があるかどうかを確認しましょう。

一般的に、地方自治体では標準用字用例辞典の表記を採用している場合が多いようですが、一部には速記表記にこだわらないケースもありますので、必ずクライアントの希望を伺うようにします。


posted by 谷頭千澄 at 22:15| Comment(0) | ■第10回 内容に応じた起こし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。