2005年11月06日

10-5-5.「ゴセイチョウありがとうございます」は?

講演の最後に、演者が聴衆に向かって

「ゴセイチョウありがとうございました」

と言う場合がよくあります。

「ご静聴ありがとうございます」
「ご清聴ありがとうございます」


さて、どちらが正解でしょうか?

(この使い分けができないと、プロとしてはちょっと恥ずかしいので
ぜひ頭に入れておいてください)





ご静聴」→人の話を静かに聞くこと。
ご清聴」→相手が自分の話を聞いてくれたこと。




講演の冒頭、司会者が聴衆に向かって言うときには

「これから○○先生のご講演を始めます。皆様、どうぞ最後までご静聴くださいませ」

という使い方をします。
つまり、講師の話を最後まで静かに聞いてくださいという意味です。



講演の最後に、演者が聴衆にお礼を述べているときには

「長時間、ご清聴いただきまして、ありがとうございました」

という使い方をします。
静かだったかどうかということではなく、
自分の話を聞いてくれたことへの感謝の言葉です。



posted by 谷頭千澄 at 21:08| Comment(0) | ■第10回 内容に応じた起こし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。