2005年11月02日

9-3-3.ノイズ除去

ヒスノイズは、次の手順で除去・低減します。

1.会話のない部分(無音部分)の音声データを選択し、ノイズのパターンを学習させる。

会話がとぎれた部分は、本来ならばまったくの無音状態になって、
波形は横に一直線になるはずです。

しかし、本来無音の部分にも「シャー」というヒスノイズが入っているわけですから、
その純粋なノイズの部分を取り出して音声ソフトに分析させ、
音声全体からそのノイズを計算して除去することができます。

音声ソフトによって、細かい操作手順は異なりますが、
ヒスノイズ除去機能があれば、基本的にはどのソフトも同じ原理でノイズを低減します。



しゃべり出す直線の無音部分(純粋なノイズだけの部分)を選択する。
[拡張]→[ノイズ解析]

voi0901.jpg


ノイズの音声パターンを解析し始めます。

voi0902.jpg

「ノイズ解析が正常に終了しました。ノイズを削除したい領域を選択し、ノイズリダクションを拡張メニューから選択してください」

というメッセージが出たら[OK]をクリック。


voi0903.jpg

ノイズを削除したい領域をマウスで選択し、[ノイズリダクション]を選択



[プレビュー]を押すと、ノイズ除去後の音声を試し聞きできます。


voi0904.jpg


ノイズ低減レベルを調節しながら、試し聞きをして、
聞き取りやすい音声になったところで[OK]をクリックします。

ノイズ除去をしたい範囲は、ツマミをスライドすることで
自由に移動することができます。


voi0905.jpg

音声を保存してみると、
ノイズ除去をした範囲の波形の振り幅が、明らかに小さくなっています。

voi0906.jpg


音声を加工する場合には、ノイズ除去前の元の音声(まったく手を加えていないもの)を必ず保存するようにし、加工後の音声は別のファイル名で保存するようにしましょう。
この記事へのコメント
ネットで検索してみたら、FonePaw スーパーメディア変換というツールも推薦されるようです。私のように英語が苦手なものにオススメしますね。
https://www.fonepaw.jp/tutorials/remove-video-noise-shakniess.html
Posted by 音声 ノイズ 除去 at 2017年03月10日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。