2005年09月20日

3-1-8.イコライザーを使う

おこしやすで音声を聞いていて、こもった声、聞きにくい音声だと思ったら、イコライザーを使って音質を変えてみましょう。
びっくりするほどクリアになることがあります。

イコライザーとは、特定の周波数(今回は人間の声の周波数帯域)を強調し、特定の周波数(ノイズ、機械音などの帯域)を目立たなくする機能です。ノイズを除去するわけではなく、音声部分の周波数を強調して聞きやすくするものです。

<おこしやすの操作例>
(Okoshiyasu2の場合は、最初に起動した画面ですでにイコライザーが表示されています)





「おこしやす」の操作画面のほかに、イコライザーが起動します。
初期設定では、すべての周波数が「+-0」の位置になっています。

oko_16.jpg


ヘッドホンで音を聞きながら、周波数のツマミを少しずつ動かして、
もっとも聞きやすい音声になるように調節していきます。
高い周波数と低い周波数の音量を下げ、
中音域(中央部分)を幾分高めにすると聞きやすくなります。

oko_17.jpg

※「おこしやす」は頻繁にバージョンアップします。Mojoのサイトを定期的にチェックし、追加された機能などを確認して必要に応じ最新版をダウンロードするようにしましょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。