2005年09月20日

3-4-2.単語登録

話し言葉によく使われる言葉は、簡単に入力できるように、どんどん単語登録しておきましょう。

例えば、「よろしくお願いいたします」という言葉を入力したいときには、
「よろしく」という言葉を「よ」と登録し、「お願いいたします」「ねた」で登録しておけば、「よねた」と入力するだけで「よろしくお願いいたします」という言葉に変換されますので、時間短縮にもなり、またミスタイプも防ぐことができます。
※単語登録のポイント

自分が覚えやすいような文字で登録するようにしましょう。
(例)もあ→申し訳ありません
   もご→申し訳ございません
 
どんな文字で登録したか忘れてしまったときに、すぐに参照できるよう、一覧表を見えるところに張っておきましょう。
 
登録した単語の直後に必ず「、」や「。」がくる場合には、句読点も併せて登録してしまいましょう。

(例)「けれども、」「それから、」「そして、」「つきましては、」「ありがとうございます。」

(句読点を登録できない例)
「ございます」のあとには「けれども」や「が」「し」などが続くことがあるので、「。」を付けて登録してはいけません。

 
登録する単語は、テープ起こし全般を通じてよく使われる言葉、定期的に受注しているクライアントの専門用語など、頻繁に使用する単語にとどめましょう。1回きりの仕事に関する用語や固有名詞などは、その仕事が終わったときに登録を削除しなければならず、大変手間がかかります。
 
何度もミスタイプをする単語、長いカタカナ用語(例:コンピューター、コミュニケーション、シミュレーションなど)、小指や薬指を使うなど入力しにくい単語も登録しておくと便利です。
(例:「われわれ」はローマ字入力の場合、小指と薬指を使うので登録しておくと入力が楽になる)



※単語登録の方法

ATOKの場合

ツールバーの「単語登録」をクリック
「単語」に、登録したい単語を入力(例:よろしく)
「読み」に、短縮入力したい文字を入力(例:よ)
「OK」をクリック
これで、単語登録は完了です。「よ」と入力すると、変換候補に「よろしく」が加わりました。

MS-IMEの場合

ツールバーの「単語/用例登録」をクリック
「読み」に、短縮入力したい文字を入力(例:よ)
「語句」に、登録したい単語を入力(例:よろしく)
適宜「品詞」を選択
「閉じる」をクリック




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。