2009年11月07日

Voice Writingの感想

ボイススピリッツ社のテープ起こし用ソフト、
「Voice Writing」を使ってみた。

音質はおこしやすと同じくらい? なかなかよいです。
話者特定の手順をマスター中。

でも、本当に話者の判断に迷うのは、音質の悪い仕事なのです。
そういうのは、やっぱりチマチマと聞き比べて、うーんと脳みそで判断するしかないかなあ。


しかし、やはり現役テープライターの意見を採り入れながら開発されただけあって、非常に使い勝手はよいです。
土屋さん、ありがとう〜。
おこしやすから、こっちにメーンソフト移行するかなあ。
posted by 谷頭千澄 at 18:32| Comment(0) | ソフトウエア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。